坪数が大事

厚木で戸建てを購入するなら坪数が大事

東京厚木で一戸建てが欲しいと思う場合、どんな点を考慮したらいいでしょうか?

厚木に関わらずどこにおいてもそうですが、一戸建てを購入するときは、建物と土地について合わせて考慮することが大切です。建物は建物、土地は土地ではなく、両者一体として並行して考える必要があるのです。

その理由は、どんなに良い家を建てても、立地条件が悪いなら望んだ暮らしはできないからです。逆に家はそこそこであっても、立地条件がいいなら生活ニーズを多く満たせることになります。

その点をよく踏まえて、厚木で一戸建てを購入するときは、建物と土地について合わせて考えていくようにしましょう。まず土地についてですが、土地は坪数をはじめ、周辺環境、立地条件などを調べる必要があります。

坪数をはじめとする詳細な土地データについては、プロの建築士に依頼して見てもらうこともできますが、立地条件についてはそうはいきません。居住者一人一人のライフスタイルやニーズが異なりますので、それに沿ったデータを集める必要があるのです。

子供の多い家庭なら学校と家までの距離、職場の位置と距離、病院、警察、官公庁の分布など、生活の利便性を考慮した立地条件のリサーチが必要です。

土地の坪数だけならすぐに分かりますが、暮らしやすさを示す立地条件はデータには現れてこない面もあります。実際に自分の足で土地周辺を視察して確かめる必要があります。

さて、厚木で一戸建てを購入する場合、都下とはいえプライバシーの確保を考慮する必要もあります。特に建売や中古の一戸建てを購入するときは、窓の位置や高さを入念にチェックしなければなりません。

隣の家に面する窓の位置が極端に低いなら、簡単に見られてしまうかもしれません。建売や中古の一戸建て購入では、全体的な外観デザインと内観に注意が奪われがちですが、窓の位置についてもよく点検しておきましょう。もし注文住宅で購入するなら、設計事務所かハウスメーカーに依頼をします。

どちらも一長一短があることを念頭に置き、信頼できて、なおかつ自分たちの希望条件を汲んでくれる業者に依頼をしましょう。ハウスメーカーではモデルハウスを見学できることがメリットです。

設計事務所の場合は、設計上において融通が利きやすいところがメリットです。なにはともあれ、まずは希望の家についてあらかじめ決めておくことが大切です。
希望の家についてのビジョンがはっきりすれば、自ずと周辺的要素も固まってきます。”