厚木で鉄筋コンクリート造の戸建て

東京厚木で鉄筋コンクリート造の戸建てを購入したい

一戸建てを購入するなら東京厚木がいいと思ってる方もいらっしゃるかもしれません。東京厚木は一戸建てを購入するのに良い場所ですが、事前に考慮しておくべきことがたくさんあります。

一つはどんな家を建てるのかということです。これには外観デザインのこともありますが、いくつかの種類がある工法を決めることも含みます。
一戸建ての工法には次のようなものがあります。

「木造軸組工法」「枠組壁工法」(2×4工法)「軽量鉄骨」「重量鉄骨」「鉄筋コンクリート造」(RC工法)「ログハウス」といった具合です。どんな工法で一戸建てを建てるかという問題は、とても重要な要素です。

なぜなら、それによって購入後に増改築がしやすいか、通気性が良いか、耐震性が良いかが決まってくるからです。どの工法が一番いいということはなく、それぞれに特徴があり、またメリットとデメリットがあります。

それらをよく考慮したうえで工法を決める必要があるのです。

例えば鉄筋コンクリート造の場合はどうでしょうか?鉄筋コンクリート造のメリットは、強度がとても強いこと、間取りが自由に取りやすいこと、耐火性に優れるといったものがあります。一方デメリットには、耐久性がコンクリートの質に左右される、増改築がしにくい、コストが高いといったものがあります。

重量鉄骨のメリットは、強度が高いこと、間取りの自由度が高いこと、使用される部材の精度が均一であることなどがあります。一方デメリットには、熱が伝わりやすいこと、湿気によってサビが出やすいこと、軽量鉄骨と比較してコストが高いことなどがあります。

軽量鉄骨のメリットには、重量鉄骨より軽いのに強度が高いこと、使用される部材の精度が均一であることです。一方デメリットには、結露が起こりやすい、木造よりコストが高い、熱を伝えやすいことなどがあります。

枠組壁工法のメリットには、施工が簡単であること、気密性や断熱性に優れること、台風に強いことなどがあります。一方デメリットには、増改築がしにくいこと、大きな窓を設置しづらいこと、間取りの自由度が低いことなどがあります。
木造軸組工法のメリットには、軽量で強度が高いこと、増改築しやすいこと、自由に間取りが取りやすいことなどがあります。一方デメリットには、通風が確保できないとシロアリ被害に遭いやすくなることがあります。

厚木で一戸建てを購入する際には、必ず工法についてもよく調べておくようにしましょう。”