厚木の一戸建ての査定

厚木の一戸建ての査定

厚木市は東京の郊外に位置します。

横浜市、川崎市とも隣接しており、都心にもアクセスしやすい立地なのです。特に人気沿線京王線、小田急線沿いに位置するのです。そのため通学、通勤に非常に便利な立地なのです。

東京都の他の郊外である東村山市や三鷹市等よりも、都会的なイメージが強く、郊外でも人気の市なのです。厚木駅の駅前は多くの百貨店が立ち並び、飲食店も豊富にあるのです。

そのため買い物や食事は都心まででなくても、すべてそこで事足りてしまうのです。また文化やカルチャーなども独特なものが見られ、少し下北沢を思わせるようなレトロな趣も残る街なのです。

また公園や図書館など公共施設も充実しており、子育てや高齢者世帯に最適な住環境なのです。大自然とアーバンライフの両方の側面を持ち、利便性が高いために新築戸建て住宅は都内23区の販売価格とそれほど遜色ないケースも見られるのです。

しかし土地の評価格は23区よりも多少安いので、同じ販売価格であっても厚木市の一戸建ての平米数は広いものとなるのです。大自然と都会的の両側面をもつエリアで、広々とした間取りで済みたいと思うならば厚木市は最適のエリアと言えるでしょう。

また新築に拘りを持たなければ、より安く戸建て住宅を購入することができます。戸建て住宅は築年数が10年も経過すると、上物である家屋の査定額はゼロに等しいものとなるのです。

そのため築年数が相当経過したものの査定額はほとんどが土地だけの評価格なのです。こうした査定額が低下した中古戸建を上手く買い、リフォームやリノベーションをして住めば、非常にリーズナブルに憧れの立地での生活が実現できるのです。

厚木であっても駅チカで新築一戸建てであると6000万円前後が相場になります。しかし築年数10年や20年が経過したものであれば、3000万円前後で購入できるのも夢ではありません。

使用の程度が悪くなければ、クロスと床材、カーペットを取り換えるだけで生活が可能な場合もあります。現代はサラリーマン世帯の収入も減少傾向にあります。

そのため新築が高すぎて買えない世帯も多いものです。しかし新築至上主義の考え方を少し改めて、考え方や発想を少し変えるだけで、誰もが羨む立地での生活を実現させることが可能なのです。戸建てであれば庭作りや家庭菜園なども楽しめるのです。

子供の情操教育にも最適であり、老後の楽しみやライフワークとして庭を利用できるようにもなるのです。”